お客さまから見たこれまでの税理士のイメージと私との違いは?(8/21号)

2人 リクルート

~同じ税理士なのに何がこんなに違うのか~

 

以前のメルマガで、税理士の登録者数が約78,000人いるとお伝えしました。

 

そんなにいるのに、実は本当にお客さまと良い関係を築いている税理士、税理士事務所は数少ない

 

それは何故なのか?

 

1) その会社の意思決定権者と必ず会っている2) 会社の数字を感覚値として理解している

3) 会社の過去の雰囲気現在の雰囲気をよく理解している

4) そのため、何かおかしいと感じたら経営者に率直に伝える

5) 良いことがあれば一緒にそれを喜び合う

6) 悪いことが起きたら一緒に落ち込み、励ます

7) 経営者が暴走しそうになったらそれを全力で止める

8) 幹部、中堅社員、現場社員など幅広く声掛けをする

9) 経営会議などに参加し、真剣に議論する

10) こちらから惚れている・・・

ザっと挙げただけでもこれだけのことを習慣として、当たり前のように行っている

 

それも嫌々じゃなく・・・

 

楽しんでいる自分がそこにいる

 

ただの税理士じゃない、常に寄り添う姿勢でいる

 

経営参謀としての意識を持つから、相手に興味を持っているからこそ・・・

 

 

ここに違いが出てくるのである

 

あなたの熱量が、経営者の力になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました