税理士試験合格発表・・・(12/25号)

テスト リクルート

 

税理士試験に合格してからがスタート

 

税理士試験の合格が発表されましたね!

 

今年の試験は記念すべき?70回目でした

 

受験の申し込み数は35,000人と前回とあまり変わらなかったのですが、実際の受験者は26,000人と前回よりも3,000人ほど減っています

 

科目ごとに受験できるため、延べ受験者数は36,000人相当ですが、この人数が前回よりも4,000人ほど減っていて、毎年の減少に歯止めがかかりません

 

 

年齢別にみてみると、30歳以下は7,600人、逆に40歳以上は1万人と、若手の受験者数は増えていません

 

以前のメルマガでも紹介したように、中小企業の数が減っていないし、経営者の年齢が今後益々若返ってくることを考えると、今受験している30歳以下の方々は大チャンスですね・・・

 

一日も早い合格を目指して頑張ってほしいです!

 

 

合格率にも着目したいですね・・・

 

簿記論:22.6%
財務諸表論:19.0%
法人税法:16.1%

 

と、昔と比べると合格率が上がっています

 

25歳以下の合格率は33.8%と3人に1人は何らかの科目には合格しています
(前回よりも上がっているし・・・)

 

繰り返しになりますが、若手の受験者を増やし将来の税理士を増やしていかなければなりません

 

税理士事務所によっては、所内の税理士は所長だけ、試験勉強をしている人はNG、合格してもクライアントは持っていかせないなど、前時代的な事務所もまだまだ存在しています

 

そういう環境も変えていかなければいけませんね・・・

 

でも最後は自分自身がどのように考えるかです!

 

税理士には資格の定年はありません

 

だから体が元気なうちは一生働くことが出来ます

 

お客様が望み、自身の心と体が健康であればいいのです

 

年齢ではなく、自分自身が若いかです・・・

 

経営者と一緒に年齢を重ね、お互いに成長を楽しみ、苦労も分かち合い、本当にやりがいのある仕事だと自負します

 

決してかっこいい仕事ではないかもしれませんが、一生携わる仕事としては面白いかな~

 

ただそれには税理士合格はスタートであり、そこから人それぞれが得意分野を見つけて、それを伸ばしていくことが求められます

 

それを若いうちは仲間と切磋琢磨しながら成長していく

 

そうすることで、独立、参謀役、CFOなど選択肢がドンドン広がっていきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました